石の浄化方法

ジュエリーもパワーストーンも、使用頻度により汚れやパワーが弱まったりしてきます。ただ、石の種類により、間違えた洗浄方法、浄化方法をすると石にダメージを与えてしまいます。洗浄方法、浄化方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

洗浄方法

指輪、ネックレス、ブレスなど、通常使用した際の汚れは、柔らかい布で優しく拭くのが良いかと思います。あまり強く擦ると、石や地金に傷がつくこともあるので注意が必要です。また汚れがひどい場合には、石の種類にもよりますが(水に弱い石があるので)柔らかい布を少し水で湿らせて軽く拭くのが良いかと思います。水道水を流しながら洗浄してしまうと、止めている石が外れて流されてしまったり、ワイヤーなどが錆びて切れやすくなることもありますのでお勧めできません。また超音波振動の洗浄機ですが、個人的な意見ですが結構綺麗になります。ただこちらも石が外れてしまう恐れがありますので、注意が必要です。

 

浄化方法

①日光浴による浄化

太陽光に当てる事による浄化方法です。基本的に、正午12時まで、太陽が登っていく時間の、10分〜30分が良いでしょう。直接太陽光に当てない方が良いでしょう。なぜなら石の種類によっては、紫外線に当てる事により変色する事があるからです。また、水晶はレンズ効果により発火の恐れがあるので、十分注意して下さい。日光浴は、石の種類に注意が必要です。

②月光浴による浄化

月光に当てる事による浄化方法。月の周期の、新月から満月までの午前0時までが良いでしょう。特に満月は最大のパワーがありますので、浄化、パワー回復には特にオススメです‼毎回満月が晴れるわけではないので、なるべく満月のときは月光浴して下さい。月光浴は、どの石にも有効です。

③水晶による浄化

さざれ水晶の上に置く事による浄化方法です。水晶が持っている強い浄化パワーにより、置くだけで浄化やリフレッシュさせる事ができます。この浄化方法はどの石にも有効です。

④流水による浄化方法

水によって悪い気を払う浄化方法です。できるならば、綺麗な湧き水やミネラルウォーターが良いですが、水道水でも問題ありません。浄化したいものを数秒間水にさらし柔らかい布で拭き取って下さい。この浄化方法は、石の種類に注意が必要です。

⑤香りによる浄化

お香の煙に当てたり、アロマポットを利用するなど香りで包む浄化方法です。ドライハーブ、生花の花びらに埋めたり、部屋全体を香りで満たす方法もあります。

⑥塩による浄化

強い邪気を帯びたときに良いと言われております。流水の浄化が可能な石は、塩水にに一晩浸けておきます。水の浄化がダメな石は、盛り塩の上に直接置く方法と、天然の繊維で作られた布、もしくは紙を塩の上に置き、その上に置いて浄化する方法があります。

⑦植物による浄化

観葉植物や、生花の側に置くことにより、植物の生のエネルギーによって石のパワーの充電になります。また、石の力によって植物にも良い影響を与えます。

〜最後に〜

普段使っていると、石に傷がついたり欠けたりすることがあります。少しの症状であれば問題ありませんが、割れてしまっったりバラバラになってしまった時はパワーストーンとしての役目、お守りとしての役目が終わった状態ですので、土に埋めて感謝と共に自然に返すのが良いでしょう。